一つ飛ばしピンポンパン

ルールはピンポンパンゲームと同じです。
異なる点は円状になって行うピンポンパンゲームでは、自身の左隣へ順番が移りますが、一つ飛ばしで一人抜かして2つ左隣の人に順番が移ります。パンで指さされた人からピンを発言するのは変わりません。
パンで自分自身を刺した場合は自分からピンとなります。
このゲームを行う際には人数が4人であると、正面の人と交互になりがちなので5人以上で行うのが望ましいです。
難易度が上がるのと、ありきたりなピンポンパンゲームに新鮮さを加えてマンネリ感を払拭できます。

あくまで一例でピンポンパンゲームを取り上げたので、順番に回していくゲームではこの一つ飛ばしが応用できることが多いです。
みなさんで面白く新たな組み合わせを考えてみてください。