爆弾ジャンケン

まず爆弾の代わりとなるものを2つ用意します。
これはおしぼり・ボールペン・皿・メニューなど周りにあるもので、
目印になれば何でもよいですがおすすめはジョッキやグラスで、
最後に負けた人が飲むレートになります。

ゲーム参加者で輪になって誰か一人が1個の爆弾を持ちます。
爆弾を持った人の反対にいる人がもう1つの爆弾を持ちます。
爆弾を持っている人は左隣の人と勝つまでジャンケンを行い、
勝てば爆弾を左隣の人に渡すことができます。
このとき2か所で行われるジャンケンは同じタイミングで行い、
片方だけが回数をこなして早く進めないようにしましょう。
どちらかの爆弾がもう片方の爆弾に追いついて、
爆弾を二つ所有する人が出た時点でその人が負けになります。

爆弾をジョッキやグラスで代用した場合は、
負けた人はその2杯を飲むことになります。