10円玉ゲーム

10円玉を人数分とおしぼりを一つ用意します。
10円玉でなくても100円玉でも代用できます。
各自が10円玉をもち、親となる人がお題を提示します。
例としては「この中に気になる人がいるなら表!」など
盛り上がるお題を出しましょう。
各自で自分が思う面を上向きにして、
テーブルに用意したおしぼりの下に入れていきます。
この時、他の人に面が見られないように注意しましょう。
おしぼりの上から10円玉をシャッフルして誰がどの面を出したかわからないようにします。
この時、シャッフルした人だけ判断できないように複数人でシャッフルしましょう。
そして、おしぼり取り払ってお題に対しての各自の返答を見て楽しみます。