七、八、九(チーパージュウ)

・サイコロ2個
・深めの皿(お店では灰皿を使用することが多い)
・罰ゲーム用グラス
・お酒(事前にピッチャー等にいれて作っておくほうが良い)
を用いて行います。

まずサイコロ2個を皿の中に振る。そしてその出た目によってアクションが決まり、アクションが終わったのち、通常は時計回りで次の人の番となる。

ゲーム開始前に罰ゲーム用グラス(以下罰グラス)を決め、それにお酒を注いでおく。お酒は事前にピッチャー等で用意した方がベター。
ちなみにサイコロが皿から外に出たら9と一緒。

「出目とアクションについて」
2=王様・・・何でもOK。普通は指名して飲ませたり。
3~5=何もなし・・・次の人へ。
6=リバース・・・逆回りになる。
7=お酒を注ぐ・・・罰グラスに好きなだけお酒を注ぎます。注いだ後、もう1回サイコロを振る。
8=半分飲む・・・罰グラスの半分飲む。飲んだ後、もう1回サイコロを振る。
9=全部飲む・・・飲んだ後、罰グラスにお酒を注ぎ、もう1回サイコロを振る
10~12=何もなし・・・次の人へ

※7が連続3回出ると9と一緒。つまり全部飲まなければならない。
※上述したが、サイコロを振って皿から出た場合も9と一緒。

要は7はお酒をついで、8は半分、9は全部飲む。6が逆回りになり、2は王様。ほぼ以上。とても簡単なゲーム。
ちなみに7,8,9の「9」の発音と「酒」の発音がjiuであることから
9=jiu=酒→9出した奴が飲め!という意味です