Truth or Dare

罰ゲームに用いられることの多いゲームです。
この”真実(truth) or 挑戦(dare)”の2択からなっています。

ルールはゲームで負けた相手に対してそれ以外の人が” Truth or Dare?” と質問し、負けた人はどちらかを選ばなければなりません。

Truth を選んだ場合、周りの人はその人に対して質問します。
相手は絶対に答えなくてはなりません。その質問は答えにくいもの、恥ずかしいもの、または相手が秘密にしていることが望ましく場も盛り上がります。。例を挙げると

” Which one of us would you chose to be your girl friend?”
この中で彼女にするなら誰?

“What was the worst thing you did when you get drunk?”
酔っ払ってした最低なことは何?

挑戦を選ばなかった場合、質問する人はできるかぎり答えにくいものを選びましょう。

Dareを選んだ場合は周りの人からの挑戦を受けます。
これは周りの命令に従うということです。例を挙げると

男の子に対して”Pait your finger nail pink ”
手の爪にピンクのマニキュアを塗って。

女の子に対して” Draw mustache on your face and take picture”
顔にヒゲを描いて写真を撮って。

罰ゲームの可能性になる可能性が高く、酔っ払ってくると過剰になりがちです。人を傷つけるようなこと罰ゲームはしないように慎重に行いましょう。