命令ゲーム

ゲームマスターとなる人を一人決めます。
この人以外の人はゲームマスターの指示通りに体を動かさなくてはなりません。
ゲームマスターが随所にひっかけてきな命令を出してくるので、
適切に体を動かさなくてはなりません。
最初に間違えてしまった人が負けです。

例「右手上げて」→右手を上げる
「左手上げて」→左手を上げる
「右手下げないで、左手上げない」→右手を上げたまま、左手を下げる

ほかにも足を加えたり、様々な動作を命令の中に盛り込むことで難易度は大きく変わってきます。
また、ゲームマスター自身が「右手下げて」といいつつ、右手を上げるなどしてミスを誘発するのも良いでしょう。