麻雀

サイコロ9個を用いて行います。

1対1でのサイコロゲームで片方が5個、もう一方は4個のサイコロを持ってスタート。

5個持っている側のサイコロの出目が
対子(同じ目1・1、2・2、等)1組と
順子(1・2・3、4・5・6、等)か刻子(同じ目3つ)になれば勝ち。


1・1・1・2・3
2・2・4・5・6
3・3・5・5・5
6・6・6・6・6 等
それぞれが4個と5個のサイコロを
相手に見えないように振ってゲーム開始。

5個のサイコロを振った方が上記の勝ち目になっていたら
いきなり終了。勝ち目になっていない場合は自分の出目の中から
いらない目のサイコロを選んで相手に渡す。

4個のサイコロの人が相手から受け取ったサイコロの目で
上記の勝ち目になる場合はゲーム終了。

勝ち目にならない場合は5個のサイコロを全て振り直して出目を確認。
ここで上記の勝ち目になった場合はゲーム終了。
振り直しで勝ち目にならなかった時は自分の出目の中から
いらない目のサイコロを選んで相手に渡す。

これを繰り返してどちらが先に勝ち目を出せるかを競う。