指スマ

地域差が大きく掛け声は下記に記すように多岐にわたる。
ここでは「指スマ」として扱う。
「いちにーの ○!」「いっせーのーで ○!」「いっせーのー ○!」「いっせっせーのーで ○!」「チッチッチッチ バリチッチ ○!」「せっさーん ○!」「たこたこ ○!」「ルンルン ○!」「スパルターン ○!」「ギンギラギンの○!」「チーバリ ○!」「そろばん ○!」「ジンチー ○!」、「ちっち~の○!」 「指スマ○!」

全員で両手をグーの状態で前にだし、最初の人が「指スマ○!」で0から、
全員の親指分の数の範囲で好きな数字を言います。
この言うタイミングと同時に全員が両手の親指を上げるか上げないか判断します。
片手のみ上げるのも問題ありません。
発言した数字と親指の数が同じであれば片手があがりです。
両手が先にあがった人から勝ち抜けであり、最後まであがれなかった人が負けです。
 

アレンジとして、「片手指スマ」「あがったら負け指スマ」があります。
「片手指スマ」は最初から片手のみで始める指スマです。
「あがったら負け指スマ」はあがってしまった時点で負けとなります。
極端な数字を言うと上がってしまう可能性が極端に低くなるので、0、1、最大の数は使用不可で行います。その場に応じて使い分けましょう。