インサイダーゲーム

20の扉ゲームの内通者がいるパターンのゲームです。
ルールは
1.親を1人決めます。親は答えを密かに決めます。例:りんご

2.親は紙に答えを書き、参加者人数分の白紙の紙と共によく混ぜ参加者にランダムに配ります。一人だけは答えを知っていることになります。

3.参加者は親に質問をします。質問は、はいかいいえで答えられるものです。(例:それは動きますか?)

4.親は答えに対し、「はい」「いいえ」「わかりません」で答えます。

5.参加者は答えが分かったら「それは○○ですね?」と質問します。正解ならそこで終わりです。

6.一定時間(5分)まで当てることが出来なければ全員敗北となります。

7.正解が出たら、今度は誰が答えを知っていたかを当てます。全員で話し合い、一斉に指さします。当てられなければインサイダーの勝利。当てられればそれ以外の人の勝利です。

このゲームではインサイダーは自分がインサイダーとばれないように、参加者を正解に誘導していかなくてはなりません。そこにスリルと面白さを見出せればより楽しめるゲームでしょう。インサイダーになるとやや難易度が高いと言えるゲームです。