山手線・古今東西ゲーム

ゲーム名が地方によって異なります。
最初の人がお題を出し、それに当てはまるものを出題者から順次答えていくゲームです。
「赤いもの」や「果物の名前」などほぼ無数に答えることのできるお題と、
「山手線の駅名」「日本の都道府県名」など答えの数に限りのあるお題の2パターンがあります。

答えられなかった、もしくは一度出た言葉を再度言ってしまうと負けです。
この時、言葉を重複された人も負けとなります。
何も思いつかないときにわざとかぶせるのも良いでしょう。

お題例として「ビール・たばこ・お茶等の銘柄」「モンスターボールの種類」「ゲーム参加者のフルネーム」などあります。

基本的に飲み会の度にいつも同じお題が出ることの多いゲームです。
飲み会の経験を重ねるごとに強くなっていくゲームと言えるでしょう。
他の人が誰も思いつかないだろうという発言のストックを持っているお題で始めましょう。
全国的に有名な超定番ゲームで絶対に押さえておきたいゲームです。
始めて飲み会に参加する人にも簡単で馴染みやすく、初対面の人と飲み会を行う際にもまどろっこしいルール説明が不要であることが多いので、とりあえず始めるゲームとして有効に活用していきましょう。